Dazzling M

ICT企業にいる江戸っ子マーケ・qw2eのログ
follow me on Twitter
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

この有無は大きいのよ

妻が長男に元カレの名前を〜

なんか、ゾっとした
この思いやりのなさ。

自分さえよければイイ的なあれこれ


なんだろうなあ
昔の話だし、もう関係ないし
そもそも、ただの偶然系なのかもしれないけど

もう、第一印象の嫌悪感から
あだ名が一緒でも、キモチ悪いかもって
ちょっと過敏かってくらいムリって想っちゃいますな


ま、バレなきゃいいんだけどね
さっくり友人との話にでてくるようじゃ、アリエナーイ

かなり昔から、プチッとかカチンとか
嫌悪・殺意・ガッカリ・拒絶という感情を抱いてしまうのです

おもいやりのなさ
きづかいのなさ


いまだに思い出しただけでもイラっとくることあるもんなあ


って、
ちょっと怒りながらも、おもいやりとかって
自分発信のなにかが与える、周辺への影響のことなので
これって、ブランディングとかマーケティングとかのことなんだよね

commentary | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

karigurashi.jpの衝撃

パートナーが面白いことを云っていた
「借りぐらしのアリエッティ」の告知をみて
どこの消費者金融か弁護士事務所の宣伝なのか?!って驚いたって
よくよくみたらジブリ。

あぁ仕事、疲れ(憑かれ)てるな。って


で、今日のワタクシ
サイトURLで、karigurashi.jp
借金返済のサイトかと思いきや、アリエッティ。or

いや、これはやばいっしょ
アリエッティのほうURLにしようよ,,,,,,

commentary | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

志というか、なんというか

次元が違う。
ハラの中でどう思っているかはわからないけど

キチンとユーザに対して正面から向き合って考えていることが
うかがい知れる。かつ、その想いの強さが感じられた

なにが?

Googleの検索製品担当バイスプレジデント、マリッサ・メイヤーのコトバ

「〜必要とする情報を迅速かつ正確に見つけられないとしたら、
それはGoogleの問題であって、ユーザーの問題ではない」だって。

シビれた。


※検索結果から、左上の「検索ツールを表示」をクリック
でてくる「ワンダーホイール」。かなりおもしろい。
視覚化されたこんな情報が、ブラッシュアップされて付加情報を持ち始めたら
トンデモないことになっていくんだろうなあ。
なんて、期待感満載な。googleデシタ。
commentary | permalink | comments(0) | trackbacks(1)

とりあえずのタイトルづけとカテゴリわけのワナ

「〜〜男子」なんてコトバが氾濫している気がする。

気がするっていうより、確実に反乱している。

草食系男子、弁当男子やらオトメン
最近は新しいモテにデブ男子まで。

とりあえずカテゴライズすることで、

認識があいまいで、ぼんやりしてたものを認識して理解したつもりになる
所属や帰属を意識することで、特殊じゃないと安心する
というような、双方の利害一致がこんな現象を生んでいるようにみえる。

トレンドウォッチャーだか、マーケッターだかが
そういう言葉を発信して、流行を作ってやろうというような
オトナの思惑なんかも見え隠れ。


「〜の何分のイチが、○○だ」なんてもっともらしいことが
書いてあることもあるけど、結構眉唾。

コギャルやガングロがスポット浴びて、流行ってるなんて言われてた頃
実際はセンター街と109の一部にでしか遭遇できないような
希少な存在で、そこらじゅうでみれるもんじゃなかったしぃ、、、、、、
コギャルが一般化して、他の地域・街で見受けられるようになったころには
もう次の流行が、話題になっていたし。

〜〜系男子なんて、文字が踊るのを見るたびに
私のスカウターは、裏の誰かの流行らしたいオーラを感知してしまうのです。
身近にもそんなに見かけないし、そんな風に云われているヒトも
どちらかというと草食系だよね〜って程度から始まっている感じだし。
ド真中で、草食やおとめんやデブ男子っていう
理想像・ブランドにハマってるひと。ほんとそうそう見かけですよね?

自然発生的な、ピュアは流行・トレンドって最近ではなんだったろう。
芝生に転がり、すこしかすんだ空を見ながら
そんなことに少し思いを馳せてしまった、休日の昼下がりでした。

見かけないのは交友関係が狭いだけなのだろうか。
だとしたら。オマエトモダチスクナイダロって、遠慮なくツッコミください。
commentary | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

不況のせいじゃないのよ!時短じゃないのよ!

不況だなんだで、雇用の仕組みが揺れ
ワークシェアだのなんだのと騒がれて久しいですが

とうとう、日本でも?!なんて思いきや
よくよく見るとちょっと違う

半導体製造装置のディスコ、GWは16連休

16連休や、休みを多くとらせるという響きにネガティブな印象をうけるが
4日ほどを、一時帰休として土日も含めると16連休。
一時帰休の間は、雇用調整助成金制度を活用し、
残りはディスコが補てんする形で給与は9割を支給する。

多少の不況のあおりの影響がないわけではないだろうが、
9割の給料が保障される4日と12日の休み。
これは福利厚生としてステキと感じてしまいました。

一方、こちらの会社は、、、、、、
金曜は午後4時退社、家族・地域を大切に…アステラス製薬
家族を大切にするためのファミリーなんちゃら制度。
時間の調整は現場に任せるというのが、ちょっとツメがアマイ感じ

こんな制度を採用する会社って、やっぱりおもしろい
で、キチンと運用できていたら、素晴らしい会社だと思う。
commentary | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

はいー。3,2,1。パチンっ!

バイラル、バズ、クチコミ
そんなコトバが氾濫し、いろんな書籍がでてるけど
クチコミってどうなのかねえ。って思う今日この頃

販促・モノウリに「クチコミ」と呼ばれるモノが神話のように語られて
これをいかに活用するかがキモだなんて、各所で叫んでたけど
(叫ばれている頃ってのは、大抵ピークアウトしてるもんですが

最近はなんとなくおさまってきたとはいえ
やっぱりネット上では、CGMとかが幅をきかせてたりがキモチ悪い。


よくよく、触って、見て、感じて、考えて、執着て、終着したのは
だいたい「クチコミがもとで購入を決めることなんてない」ってあたり。


世の風潮やアンケートではクチコミは購買に対して影響ある、というが
振り返って自分は、、、、、、?

確かに、ソコソコ重要視する傾向はある
が、大抵のヒトのクチコミは、ちょっとした参考情報程度しかない。
ほんとに崇拝するくらい、リスペクトしてる人のPUSHは強烈なトリガーだが
それ以外は、、、、、、【行動のトリガー】にはなってない

なんだかんだと、決めるのは自分。
事前情報として納得するのも、ナニするのも全部自分なんだよなあ。

バズマーケティングなんていうけど、バズプロモーションなんだよなぁ。
広告というか、情報提供&情報発信。

ソコソコ重要ってのはあくまで参考として。

クチコミという情報の良さは「売り手の思惑がない・ユーザ目線」
だから、情報としてはとても貴重で、役に立つ。
だからこそ、ソコを洗練して磨いて、よそ見せずに極めるのがスジ。

それとは別に
行動・アクションを起こさせるトリガーを。
その機能だけに沿ってトンがらせた何かを、合わせて放つ必要があるかなと。

マジックの321パチンな指ならしでも
トリガーでも、カチンコでも、そのキッカケを自然に提供すること
そこなんだよねえ。

さてさて、そんなトリガー。
ネット回線を通じてどうやってお送りするのか。
そこが、おぼろげに見えるような見えないような。
もっと目薬さして、視界良好にしないとダメかねえ。

どっかに、高性能なトリガー落ちてないかなぁ。

まあ、トリガーだけじゃなくて
モノ・バショ、キッカケなどなどの1要素でしかないから
そのほかも要るんだけどね。


最近、マーケティングに携わりつつもMRできていない
その反動なのか、ふとした・フラット感覚の中でふわっという感じで
なんか降りてくる。
きちんと、消化して昇華してかないと。
commentary | permalink | comments(0) | trackbacks(0)